返済できないとどうなるのか

カードローンの返済ができなってしまったらどうなるのでしょうか?
絶対にあってはならないことですが、やはり知っておきたいところではありますよね。

 

 

取り立て屋に脅えすぎる必要はありません

 

わたしが最初にカードローンを借りたとき一番気になったのは、取り立て屋が自宅にやってきてどなりちらされるのではないかということでした。
でもこれはまずないと思っておいてよさそうです。

 

それは、貸金業法で取り立て行為を細かく制限しているからです。
例えば以下のような行為をすると、営業停止などの行政処分が下されます。

 

・正当な理由がない午後9時から午前8時までの間の電話、FAX、訪問
・はりがみなどでお金を借りていることを他人に知らせる
・暴力的な行為や大声をあげる
・弁護士などから債務整理の手続きを進めている連絡があったのに、本人へ取り立て行為をする

 

 

支払うまで連絡は何回もきます

 

取り立てに恐怖を感じる必要はないことは分かりましたが、実際はどんな感じなのでしょうか。

 

まず、支払いが確認できないので入金をお願いしますという連絡がハガキか電話できます。
すぐに入金したり、電話で支払い約束ができれば問題ありません。

 

その後も返済しなかったり、電話連絡を無視したりすると何度もかけてきて、だんだん言葉も強くなってきます。
約束を破っているのですからあたりまえといえばそうなのです。

 

そして延滞が3か月を超えると信用情報に登録されてしまいます。
他のローンが組めなくなりますのでこれまでには何とか返したいものです。
また、裁判所から督促状が届くこともあります。

 

 

最終的には債務整理

 

どうしても返済できないという場合は、債務整理という手段を検討することになります。
債務整理は、通常弁護士などに依頼して借金額を減らしたり、返済スケジュールを変更したり、借金を帳消しにしたりする制度です。

 

どうしてもこうしもて返せないというケースもありますが、返せるのに返さないというのは認められません。
しっかりと返済計画を立てて、返済する努力をおこたらないようにしましょう。

 

指差し女性